続・膝の症状に対する手術の有効性は?

こんにちは、副院長の伊藤です。

先週ご紹介した論文の内容についてもう少し触れたいと思います。

「Surgery versus Physical Therapy for a Meniscal Tear and Osteoarthritis」

半月板 英文

読んでいくとこのような研究の背景には
世界的にも膝の問題を抱える患者が多いという事が伺えます。

ちなみに変形性膝関節症と診断された患者は日本国内に※推定100万人以上、
アメリカに至っては900万人を越えるといわれています。
(男性よりも女性の割合が1.6倍くらい多いです)

お手上げ

年齢と共に有病率も上がり、50歳以上の約35%が半月板に損傷が認められるとか。

確定診断にはMRIが最も有効であるとされており、
症状によっては外科手術を行うようです。

手術

しかしその内の3分の2の患者が無症候である(痛みなどの自覚がない)と
されており、症状との因果関係がはっきりしていませんでした。

そこで今回の研究では画像所見によって
軽度~中程度の半月板断裂を伴う変形性膝関節症と診断された患者351人を

①手術群(半月板の切除+理学療法)
②理学療法群

に分けてそれぞれ治療を実施、
6ヶ月と12ヶ月後に身体機能スコアで評価しました。

判定
結果どちらが改善されたか?

答え:どちらも同じくらい改善されました。

こんな内容の研究論文でした。

つまり身体にメスを入れなくとも症状が改善する可能性は
充分にあるという事ですね。

しかも用いた理学療法も特殊なものではなく
ごく標準的な内容だったというのも個人的にグッときました。

詳しく知りたい方はコチラから

_____________________

【町田市の整体】カイロプラクティックARTSs

東京都町田市原町田2-3-7
リヴィエールマンションⅢ201

JR横浜線・町田駅ターミナル口から徒歩8分
小田急線・町田駅東口から徒歩15分

(大通り沿い、オレンジ色のらせん階段が目印です)

月~土:10:00~20:00
定休日:日曜日

<完全予約制 新規は1日2名様限定>

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ