【よろこびの声】 睡眠薬からの解放

毎晩、睡眠導入剤や精神安定剤を服用していた女性。

最初は“眠り方が分からなくなってしまった”と言っていたのですが、
当院の治療でご本人の望む通り「薬なしで自然に眠れるようになった」と
よろこびの声をいただきました。

感想

『重度の不眠が治りました』

毎日睡眠薬と安定剤を飲まないと自力で眠る事が出来ない体に
なってしまいました。

昼寝すら出来なくて眠り方がわからない状態で
自律神経が崩れてしまった事で激しい頭痛や耳の鼓膜の痛みや
光が眩しく感じたり身体の不調がすごくて薬を飲んでも寝れなかったり
三時間の睡眠ぐらいで身も心もボロボロになってしまいました。

寝たきり状態も続いて鍼灸や整体にも通いました
が全く改善されずにネットで調べて亀山先生のとこに通いだしました。

初めはアクティベーターの効果もよくわかりませんでしたが
先生はいつも時間をかけて話を聞いてくれたり色んなアドバイスを
してくれて不安を取り除いてくれて毎回通うたびに前向きになれました。

通ってるうちに飲んでた薬の量も減らせて、眠くなる感覚が
なんとなく出てきたり少しずつ体の変化が出てきました。

亀山先生からすぐ眠れるようになるよと言われ、通いだして
半年たったころに限界ぐらいの疲れを感じた瞬間に気づいたら
自然と眠れるようになりました。

毎日薬を飲んでたのに自然と眠れたことが夢のようです。

人生で経験したことない苦しみを味わいましたが、
今は普通に寝れて過ごせる事がすごい幸せなんだと
日々感謝する事ができました。

自分の人生をかえてくれた亀山先生には感謝でいっぱいです。

自分のように苦しんでる人や体の不調がある方には
亀山先生の施術を絶対に進めたいです。

かならず治るという事が現実になりました。ありがとうございます^^

[toさん 38歳女性 事務]

景色


~院長より~

とても嬉しいメッセージをありがとうございます(^_^)

そうですね、とっても長く苦しい時間だったと思います。
でも諦めずによくガンバりましたね。

確かに私も力を貸しましたが、それより遥かに大きいのは
ご自身の努力ですからね。

脳自体は3ヶ月くらいでだいぶ働くようになっていたので、
あとは限界を超えるようなキッカケ、そして眠れるイメージや
感覚を持てることだけでした。

あれだけ辛い経験をされていると、
自分が“元気になれる”と信じることが最も困難なこと。

とはいえ脳は現実もイメージも区別できないので、
自分は眠れない、治らないと思えば思うほどそうなってしまうわけです。

ついでに言うと痛みや耳鳴りなども同じで、
いつも痛みに囚われていたり、治すことばかり考えていると
ますます増幅されるので気をつけてくださいね。

もう十分過ぎるくらい思い知らされたと思いますが(笑)、
これは身体からの警告だったことを忘れずに
これから「普通の生活」を楽しんでいきましょう♪


* * * * * * * * * * * * * * * *

当院にはこの方と同じように
【睡眠導入剤や精神安定剤を服用されている方】 
【何年・何十年と不眠に悩まされている方】がとても多く通われています。

その方たちに共通しているのは
“長い間我慢や無理をたくさん重ねて来ている”ということ。 

慢性的な「睡眠不足」「運動不足」「不規則な生活」
      「偏った食事」「長時間労働」

・他人の目や評価を気にして自分の言動を抑えてしまう
・真面目で几帳面、「正しいか間違ってるか」で考えがち
・「~すべき」「~ねばならない」など自分を縛るルールが多い
・行動する前に「不安」や「悪い結果」を考えてしまう
・子育てや介護で自分の時間も心の余裕もない
・スケジュールがいっぱいで常に何かに追われている

家族の病気や死別、引っ越し、就職、結婚、出産、離婚など「環境の大きな変化」
家庭内や職場の人間関係による「精神的ストレス」

…などなど。

ですから当院では、身体が元の元気な状態に戻るための施術と併せて
上記に挙げたような日常のマイナス要素を解放していくコーチングを行い、
心身の回復と日常生活の安定を目指した診療を行っています。

もしあなたやあなたの大切な方が
不眠症やどこに行っても解決できない不調でお悩みなら当院にご相談ください。

_____________________

【町田市の整体】カイロプラクティックARTSs

東京都町田市原町田2-3-7
リヴィエールマンションⅢ201

JR横浜線・町田駅ターミナル口から徒歩8分
小田急線・町田駅東口から徒歩15分

(大通り沿い、オレンジ色のらせん階段が目印です)

月~土:10:00~20:00
定休日:日曜日

<完全予約制 新規は1日2名様限定>

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ