よろこびの声をいただきました

当院に3年通われている50代の女性より
嬉しい感想をいただいたのでご紹介させていただきます。

アーツに出会ったのは、首の後ろの鈍い痛みがきっか
けでした。この痛みを取り除いてもらおうと通い始め
たわけですが、だんだんと治っていくだけではなく、感想
なにか頭や心の中がスッキリ軽くなっていくのは予想
外のことでした。そもそもアーツでの診療のやり方
は、他のそういった所とではだいぶ違うものがありま
す。まず会話の時間をとても大事にしてくれます。と
ても長い時間を割いてくれるのです。診療の場も清潔
感あふれる余裕のある空間があり、院長も物腰の低い
穏やかで気さくな方なので、私自身まるで友人の所に
でも行くような気分で会話することが出来ました。当
初、院長から「首の痛みは体からの注意信号だよ。少
し仕事などを減らして体を休ませてあげれません
か?」と言われます。シングルマザーの私はそんな余
裕はないとたくさんの理由を並べ立てました。仕事の
大変さ、子育てでのこと、家事はもちろん、ワンチャン感想
の世話まで…。院長はその1つ1つに耳を傾け、掘り下
げて聞いてくださいます。それらの行動の中でどう思
い、どう考え、どう感じ、そういう判断に至ったの
か…など、こういったやりとりは、日頃蓋をしてしま
っている自分の思いや自分自身を振り返ってみるいい
機会にもなりました。それにしても首の痛み1つでどう
してこんなに親身に時間を割いてくれるのだろう…?
アーツに通っているうち、だんだんわかってきまし
た。身体や心に出てくる不調は、自分自身の心の奥か
らのサインだということで、その場限りの治療で済ま
さず、不調の原因の奥の根っこの部分を見つけ出そ
うとしてくださっているようです。また同じ不調や違う不調が起きないように。そしてその人がよりよい人生を歩めるように取り組んでいらっしゃるようです。そうしているうちに、50代の私ではありますが、今さらですが、いろいろな気づきのようなものが増えていきました。例えば、ある事がきっかけでそんなに不安に思わなくてもいいことを強く不安だと思い込む癖が作られてしまったんだということであったり、昔感じた悲しみや怒りのせいで、ある行動のパターンを無意識に作りあげてしまい、結局は自分を苦しめてしまい、その考え方から体のコリを作ってしまったことなど。そしてそういったことが見えてくると、自然と心と体が軽くなるのはもちろん、仕事へのこだわり方が変化していき、最初に院長に言われた仕事を減らすという解決法も見えてくるようになるのでした。さらに自分をとりまくいろいろな事もいい方向に向かっていくというおまけ付でした。ある時こんな事もありました。娘もアーツに通っていたのですが、院長が娘との会話で、母親の私が心身共にまいってしまっているにちがいないと心配してくださり、わざわざ自宅まで「大丈夫ですかー?」とお電話をくださったこともありました。どんなにか心強かったかしれません。診療時間の枠を超えた院長のご配慮。お人柄が偲ばれます。他にも診療に伺っていない家族の病気などの相談にも乗って頂いたり、まさしくトータルでその人の人生がよりよいものになる様、心身共にケアをしてくださってます。アーツはある時は整体カイロプラクティックであり、ある時はカウンセラー、心療内科でもあり、脳科学、心理学、コーチング、気…専門用語はわかりませんが、いろんな角度から診てくださる心強い診療所です。なかなかこういった所は探してもありません。私はアーツに出会えてラッキーでした。最近足を大ケガしてしまいましたが、もちろんアーツでみるみる良くなってきています。これからもよろしくお願い致します。  《匿名希望》

景色
もう何の説明も必要ないくらい、当院のアプローチの仕方について
文中ですべて紹介してくださっている、素晴らしい文章です(笑)

体験をまとめていただき、ありがとうございました^^


*当院は身体的症状、心理的症状のどちらにも対応しています*

慢性的な身体の痛み・コリ・違和感
うつ 不眠 感覚異常(聴覚過敏、視覚過敏、味覚障害など) 動悸 パニック
多汗 頻尿 不安障害 不登校 対人恐怖 ジストニア 育児ノイローゼ など

あなたやあなたの大切な方がお困りでしたら、一度ご相談ください。
_____________________

【町田市の整体】カイロプラクティックARTSs

東京都町田市原町田2-3-7
リヴィエールマンションⅢ201

JR横浜線・町田駅ターミナル口から徒歩8分
小田急線・町田駅東口から徒歩15分

(大通り沿い、オレンジ色のらせん階段が目印です)

月~土:10:00~20:00
定休日:日曜日

<完全予約制 新規は1日2名様限定>

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ