不安神経症、不安障害

当院では開院以来、数多くの不安神経症(不安障害)の方に寄り添ってきました。

不安神経症

あなたご自身やあなたの大切なご家族・ご友人が
不安神経症(不安障害)でお困りであれば、当院の治療方針について
じっくり目をお通しください。

 

悪循環から抜け出せない

 

動悸や発汗、ふるえ、過呼吸、めまい、吐き気、あらゆる部位の痛みなど…
実際に症状があるにも関わらず、病院の検査では異常が見つかりません。

それが続けば続くほど、今度は身体のちょっとした異変で
「重大な病気に掛かってしまったのでは」と心配になり、
薬いてもたってもいられなくなる…というように
身体の症状に加えて気持ちまで焦りが強くなります。

それも限界を超えると「怖い」という感情が止められず、
まだ起こっていない“未来への不安”で頭がいっぱいに。

経験したことのない人達には理解されにくく、
『考えすぎ』『気持ちの問題』と片付けられるうちに孤独感ばかり増していき、それを無理やり抑えこもうとして薬の量もどんどん増えて行く。

不安が不調を呼び、更にその不調で不安を引き起こす…そんな悪循環に陥って苦しんでいる方をこれまでにたくさん診て来ました。

 

不安神経症の原因

 

それは「脳と心の疲労」です。

・他人の目や評価を気にして自分を抑えてしまう
・頑張り屋で我慢強い
・「~ねばならない」「~すべき」が口癖
・物事を「正しいか間違ってるか」「0か100か」で考えがち
・神経質・完璧主義で融通がきかない
・悩み事や考え事が常に頭でグルグルしている
・小さいころから親が厳しかったり忙しくて構ってもらえなかった
・心配性で、未来に対する漠然とした不安や恐怖が強い
・過去の失敗や後悔を思い出しては落ち込んでしまう
・カレンダーにスケジュールがびっしり書き込まれている
・育児や介護で自分の時間や心の余裕がない

など、常に気を張り詰める思考のクセや
そうせざるを得ない生活環境による精神的ストレス

家族の病気や死別、引っ越し、就職、結婚、出産、
離婚など大きな環境の変化

過労、睡眠不足、偏った食事、パソコンやスマートフォンの
過剰使用といった生活習慣

このようなさまざまな要因によって大脳や中脳は疲弊し、
慢性的に続けば続くほど回復できなくなります。

すると自律神経の高ぶりを抑えられなくなり、
副腎皮質が対ストレスホルモンを異常分泌するなど
身体の内外ともに強い緊張状態で言うことをきかなくなっていきます。

また、大脳(前頭前野)の疲弊によって

うつ ・痛みを抑制する脳内麻薬物質オピオイドの分泌
・負の感情を抑えて気持ちを落ち着かせる理性や思考

といった機能が低下するため、全身に原因不明の痛みが広がったり、 「恐怖」や「不安」といった感情がコントロールできずに ますます悪化していきます。

さらに脳はとても賢く、
「イメージしたものを再生する」力を持っています。

たとえば、「○○をしたら痛くなるんじゃないか」
「私の病気は治らない」などを繰り返し言葉にしたり
想像することで、いつしか事実になってしまうということ。

不安→不調→不安 のループの正体はここにあるのです。

 

不安神経症(不安障害)にはこんな治療をします

はじめての方へ

 

まずはアクティベータや神経学的治療によって
自律神経や前頭前野、脳幹、小脳などの働きを回復させ
脳と身体がしっかり繋がっている状態に戻します。

そして不安な要素を1つずつ取り除き、心からの安心を得るためにカウンセリングやコーチングといったメンタルケアを行います。

自分の性格や思考・感情のクセを知り、
あらゆる意味でリラックスできる環境作りを一緒に
進めていきましょう。

 

・電車に乗ると…
・スーパーなど人の多い所に出掛けると…
・学校/仕事のことを考えると…

など、決まった条件で発作が起こるようであれば
条件反射を解除する療法を用いて改善の手助けをしていきます。

 

こんな声をいただいています

 

当院で不安神経症の治療を受けて改善された患者さんより
「よろこびの声」をいただきましたので、ご紹介いたします。

参考になれば幸いです。

ちはるさん
<公務員>

「睡眠薬も半分に減りました」
(不安症、不眠で来院されました)

仕事の人間関係と以前から患っていた心の病に悩まされており、もう仕事を続けられないかと思っていました。そんな時、セッションを受けて人間関係が改善され、日々の苦労から解放されました。睡眠薬も半分に減りました。

うーちゃん
<事務>

「気持ちがほどけてゆくのに伴い…」
(不安症、不眠で来院されました)

2年ほど前から足腰が不規則に痛むようになり、薬を飲んでも治らないようなしつこい頭痛にも悩まされ、受診しました。初回で呼吸が楽にできるようになり、2か月目には長い間頼っていた精神安定剤をやめる事ができました。気持ちがほどけてゆくのに伴い、身体もどんどん柔らかくなって、今では毎日ヨガの調子が良くなってゆくのが嬉しくて仕方ありません。

 

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は


※保険は取り扱っておりませんので、ご注意ください

このページの先頭へ