慢性疲労

当院では開院以来、数多くの慢性疲労でお悩みの方の治療をしてきました。

慢性疲労

 

外部から入って来る情報・ストレスが多すぎるこの世の中、
「ちゃんと寝たのに体が重い」「疲れが取れない」など
多くの方が経験していることでしょう。

ただの疲労であれば休息により回復しますが、
日常生活に支障が出るほどの疲労が長期間続くようであれば
早めのケアが必要です。

あなたご自身やあなたの大切なご家族・ご友人が
慢性疲労でお困りであれば、当院の治療方針について
じっくり目をお通しください。

 

なんとなくスッキリしない…

 

当院では“なんとなく”ダルイという言葉をよく耳にします。

「痛いところや辛いところはないけど、疲れが取れにくい」
「体が言うことを聞かない」
「全身が重くて動きたくない」
「自分でも上手く説明できなくて周りに理解してもらえない」

と仰る方がたくさんいらっしゃいます。

“なんとなく”だから病院に行くようなことでもないし、状態を伝えることも難しい。
どこに相談すればいいのか…と思われる方が多いようですね。

 

慢性疲労の原因

 

 眼瞼痙攣 それは「脳と心の疲労」です。

普段、人間の身体はその場の環境に適応しようと
さまざまな働きが自動的に行われています。

心臓や血圧、胃腸の活動などの制御をしたり、 抗ストレスホルモンを分泌して体の内部を一定に保とうとしたり。

ところが、慢性的な過労や睡眠・運動不足、偏った食事、
パソコンやスマートフォンの過剰使用などの生活習慣や

・自分に自信がなく、他人の目や評価を気にしてしまう
・責任感や正義感が強く、頼まれたらイヤと言えない
・頑張り屋で我慢強い
・物事を「0か100か」「正解/不正解」で考えがち
・効率良く動こうと常に頭がフル回転
・「~すべき」「~ねばならない」と自分を縛るルールが多い
・育児や介護に追われて自分の時間も心の余裕もない
・カレンダーにスケジュールがびっしり書かれている

など、気を張り続ける考え方が強かったり、そうせざるを得ない
生活環境の場合、大脳や中脳はどんどん疲弊し回復できなくなります。

すると自律神経の高ぶりを抑えられず、心身共に常に戦闘モードで
緊張が抜けなくなり、全身の疲労感や倦怠感、頭痛やめまいなど
さまざまな不調となって現れるのです。

大脳(前頭前野)が疲弊することで

・痛みを抑制する脳内麻薬物質オピオイドの分泌
・負の感情(不安・恐怖・怒り・悲しみなど)を抑えて
 気持ちを落ち着かせる理性や思考

などの働きも低下するため、身体の症状はますます強くなるし、
些細なことで感情的になったり抑うつ状態になったりと精神的な
不調まで引き起こします。 

 

慢性疲労にはこんな治療をします

 

肩こり

まずは脳機能や神経系の検査を行うことで脳のどこが
弱っているのかを判別し、アクティベータや神経学的
治療によってその働きを回復させます。

脳が元気を取り戻せば身体との情報のやり取りがスムーズになり、 自律神経の働きやホルモンバランスなどが改善していきます。

また、あなたの思考や感情のクセ、睡眠や運動、食事といった生活習慣を見直すことで「脳が疲れにくい環境」を作って行くことも必要不可欠です。

定期的な治療を行うとともに、カウンセリングやコーチングなどのメンタルケアを取り入れ、あなたがより快適な毎日を過ごせるようサポートしていきます。

 

こんな声をいただいています

 

当院で治療を受けて慢性疲労が改善された患者さんより
「よろこびの声」をいただきましたので、ご紹介いたします。

参考になれば幸いです。

営業マンさん
<営業>

「体がよく動くようになりました」
(慢性疲労、むち打ちで来院されました)

平日は営業の仕事、休日はサーフィン・スノーボード・登山と趣味に動いていますが、年齢のせいもあるのか体が重かったり疲れが取れない状態でした。こちらで治療を受けて、普段との体の軽さや違いがすぐに分かり、体がよく動くようになりました。こんなに違うものかとビックリです!

 

お気軽にご連絡ください

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

※保険は取り扱っておりませんので、ご注意ください

このページの先頭へ