《炎症》体の中で何が起きてるの? -2-

猫
さて、前回の続きを。

炎症には4つの特徴がありましたね?

そうです。
①赤くなる(発赤)
②腫れる(腫ちょう)
③痛みがある(疼痛)
④熱を持つ(熱感)

上記の特徴を持つのが「炎症」です。

そして、ここからが今回のテーマです。
炎症を起こす要因は様々です。

例えば

①物理的な損傷(外傷や火傷など)によるもの
②化学的因子(酸やアルカリ、有害な毒素など)によるもの
③生物学的因子(細菌などによる感染など)によるもの

色々と分類されてはいます。

しかし、全ての「炎症」は私たちの身体に備わっている
「免疫システムによる防御反応の結果」起きる現象です。

ポイント
では、例えばこの免疫システムが満員御礼、絶賛稼働中の体では
どんな現象が起きているのでしょうか?

身体に有害な刺激が加わると
全身に張り巡らされている毛細血管が拡がり血流が増加

熱を帯び、損傷した場所が赤くなる・熱を持つ

血管の中から水分や免疫システムに属する細胞が外に漏れ出す

漏れ出た水分によって周囲がむくむ・腫れる

組織の内圧が上がり、知覚神経が刺激されるので「痛み」を引き起こす

ざっくり言うとこんな感じ。
もう少し長くなりそうなので次回に続きます。

_____________________

【町田市の整体】カイロプラクティックARTSs

東京都町田市原町田2-3-7
リヴィエールマンションⅢ201

JR横浜線・町田駅ターミナル口から徒歩8分
小田急線・町田駅東口から徒歩15分

(大通り沿い、オレンジ色のらせん階段が目印です)

月~土:10:00~20:00
定休日:日曜日

<完全予約制 新規は1日2名様限定>

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ